森岡歯科:吹田市の北千里医療ビル(西日本最大の医療ビル)にある歯科医院です。予防歯科審美治療口腔外科小児歯科歯周病虫歯

吹田市北千里の歯科医院 森岡歯科
インフォームドコンセント・セカンドオピニオン推進
森岡歯科 大阪府吹田市古江台4-2-60 北千里医療ビル3F(阪急北千里駅前)
TEL. 06-6873-6480(ムシバゼロ)  
森岡歯科

診療内容
インプラント
入れ歯やブリッジの方などへ

審美治療
ホワイトニング
PMTC
口臭予防
審美治療Q&A
メタルフリー治療
金属を使わない歯の治療
矯正歯科
綺麗な口元へ・・・
口腔外科
口腔外科とは・・・
小児歯科
歯列育成など

森岡歯科のキッズクラブ
キッズクラブページはこちら
予防歯科
虫歯になる前に定期健診を
歯周病
歯周病って?
虫歯
虫歯はどうしてできるの?

ご案内
医院案内
  受付・待合室
  診療室
  医院設備
  絵と写真コーナー
医院ポリシー
 クレド(信条)
 インフォームドコンセント
 セカンドオピニオン推奨
 全身コントロール
デジタルシステム
治療システム
滅菌システム
無痛治療
レーザー治療
サージテル
アクセスマップ
院長紹介
歯科医師紹介
スタッフ紹介
 歯科衛生士
Q&A
診療予約

森岡歯科トップページへ

歯科医師募集
歯科医師募集中

スタッフ募集!(歯科衛生士、受付・助手)
H30(夏)スタッフ募集中

金蘭学園50式
pdfファイルが開きます


サイトマップ
診療科目
  メタルフリー治療


当院では、金属を使用しない「メタルフリー」治療を推奨しております。
金属を使用しないことで、天然歯のような自然な色調となり、歯茎の黒ずみがおきなくなります。金属アレルギーの心配がなくなり、過度な強度により歯根を破折してしまう心配もなくなります。
メタルフリー治療で用いる素材は機能・審美面において保険治療で用いる素材と比較して優れた特徴を有しています。



ジルコニアクラウン
人工ダイヤモンドとよく似た成分である
酸化ジルコニウムを安定させた新しい素材です。
ジルコニアクラウン・イメージ

従来のオールセラミックに比べ強度に優れ、奥歯にも使用が可能です。現在、審美性と耐久性にもっとも優れているといわれています。
ジルコニアは金属よりも固い丈夫な素材で「曲げ強度」も高いためしなやかで割れにくいのが特徴です。天然歯と同じように、光が透過するため審美性が高く、オールセラミックより透明度は高くなっています。
口の中で腐食・変色の起こらない安定した素材で、タバコやコーヒーなどによる着色もほとんど起こりません。生体親和性が高く、体ともよく馴染み、金属アレルギーの心配がありません。 もちろん、金属を使用した時に起きる、歯の根元部分の黒いラインが見える心配がありません。

オールセラミッククラウン
金属を使用せず、全体がセラミック(陶器)で出来ています。 オールセラミッククラウン・イメージ

天然歯と同じような色や透明感をもっており、審美性がとても高いのが特徴です。選べる色の数が多く、天然歯の色にかなり近づけることができます。
硬く丈夫で耐久性もありますが、奥歯に使用する場合には患者様毎に異なる「噛む力」や「噛むクセ」を十分に検討し適応を判断する必要があります。
変色や着色が起こらず、金属アレルギーの心配もありません。

ラミネートベニア
歯の表面を少しだけ削り、つけ爪のように薄く透きとおる
ジルコニアやセラミックの薄い板を張り付ける治療方法です。
ラミネートベニア・イメージ

ホワイトニングでは改善が望めない歯質に由来する歯の変色をきれいにすることができます。その他、歯の形や大きさを調整できるため、すきっ歯など軽度の歯並びの乱れを整えることができます。
適応は前歯のみとなります。

ファイバーコア
ガラス繊維(ファイバー)を使用した支柱を入れることで
歯の土台(コア)を支えます。
ファイバーコア・イメージ

金属製のコアと違い白いため、歯肉が黒ずむことがありません。
弾力性がありたわみがあるため、歯の根を壊しにくい優れた特徴があります。
奥歯にも使用可能で、金属アレルギーの心配がありません。

ジルコニアブリッジ
金属を使用することなく、ジルコニアのみで
ブリッジを作成することが可能になりました。
ジルコニアブリッジ・イメージ

ジルコニアの丈夫さ・曲げ強度の高さにより、従来のセラミックでは難しかった「金属を使用しないブリッジ治療」が可能になりました。歯茎との境目がとても自然で、審美的に大変すぐれたブリッジです。
金属を使用していないため、金属アレルギーの心配もなく、軽く丈夫で、唾液に溶け出すことがないため腐食や変色がおこらず、生体親和性も大変高い、実用的にもすぐれたブリッジです。

歯科素材によって引き起こされる金属アレルギーについて

保険で使用が認められている歯科用金属である金銀パラジウム合金やニッケルクロム合金は、金属アレルギーを引き起こしやすい成分で、水分や酸によって腐食する性質があります。溶けだした金属イオンが体内に入り、唾液や血液などのタンパク質と結合して抗原性(アレルギー性)を持つようになります。

溶けだした金属イオンは体の中で蓄積され、血液などに運ばれ、口から離れた場所の皮膚炎の原因になっているような複雑なケースも多く見られます。原因不明の皮膚炎の原因が、実は歯の金属素材による金属アレルギーだった、ということがありえるのです。

金属アレルギーが心配な方には、メタルフリー治療をおすすめいたします。

診療予約



 
プライバシーポリシー お気に入りに登録 お友達に教える
  Copyright (C)森岡歯科 大阪府吹田市古江台4-2-60 北千里医療ビル3F(阪急北千里駅前) TEL.06-6873-6480(ムシバゼロ)